京都の交通事故・介護事故に強い弁護士/法律事務所-過失割合・慰謝料・損害額増額・後遺障害等級・示談・裁判 | 馬場充俊

交通事故の慰謝料の概要

交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料額を決める基準が3つあり、保険会社や法律の専門家でない限り、提示された慰謝料額が妥当か分かりません。

 

したがって、交通事故の慰謝料の算出方法知らずして示談交渉に入ると、保険会社の言い負かされ、妥当な金額が得られず泣き寝入りしなければいけません。

 

算出における基準と、どのような際にどの基準が適用されるのか、妥当な金額を得るための交渉方法を知る必要があります。

 

慰謝料とは

慰謝料は損害賠償の一種として捉えられており、精神的苦痛の対価として、苦痛を受けた被害者が加害者に対して賠償を求めるものです。
交通事故に限らず、被害者の精神的苦痛を他人が知ることはできず、慰謝料請求額は被害者が任意で決めることができます。
話し合いをスムーズに進める目的もあって、交通事故の慰謝料はある程度定額化されています。

 

交通事故の慰謝料においては、入院により生じた慰謝料と通院により生じた慰謝料を併せて入通院慰謝料とすることが一般的で、慰謝料も細かく分けると下記の3つがあります。

入通院慰謝料・・・交通事故が原因で通院または入院した場合に請求できる慰謝料
後遺障害慰謝料・・・交通事故が原因で後遺症が発生した場合に請求できる慰謝料
死亡慰謝料・・・交通事故が原因で被害者が死亡した場合に遺族が請求できる慰謝料

 

交通事故慰謝料の基準

そして、交通事故慰謝料の算出方法は、基準が3つあり次のようになっています。

自賠責保険の基準
任意保険会社の基準
裁判基準(弁護士会基準)

これらの基準は、自賠責保険基準→任意保険基準→裁判基準の順に金額が高くなり、自賠責保険基準が低いのは、最低限の被害者救済を目的とする性質があるからです。。

交通事故の慰謝料相場記事一覧

入通院慰謝料について

入通院慰謝料の裁判(弁護士)基準とは,日弁連交通事故相談センター東京支部による「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」(通称「赤い本」。)掲載の「入通院慰謝料の算定表」の基準のこと等を指します。これは,日弁連交通事故相談センター東京支部が作成したものですが,実際の裁判において裁判官も非常に重視しており...

≫続きを読む

 

後遺障害慰謝料について

後遺障害慰謝料は、後遺症を抱えて生きていくことに対する精神的苦痛に対して支払われます。後遺障害慰謝料の額については、認定された後遺障害等級に応じて慰謝料の基準額が設けられています。しかし、この基準は確定的なものではなく、実際の慰謝料額は状況を勘案して決定されます。後遺障害等級は14級に分かれています...

≫続きを読む

 

 
HOME 弁護士紹介 弁護士費用 お問い合わせ ブログ